2022年06月 
2022年02月 2021年04月 2020年010月
作者近況

09/11 展示の設営は明日。

今日の夕方には出発して夜の大井埠頭あたりで車内泊、明日10時前に持ち込んで設営に立合う。

個展を了解したときの話で、作品は引き取りに来るということだったが、結局断られて自力で運ぶこととなった。・・・なので、ぎりぎりだ。

今まで、ここまで仕上げたことは無い、という位に良い仕上がりだ。

いつも思うが、、これが個展は最後、、、体力の限界までやるから、次は無いと思う。

追加のマットの為に10万円ほど余計にかかったが、それでも、風景は大きくなければ伝わらない。。。

以前の展示でも、大きなものを展示していても小さな作品が売れる。。。これは、販売に立合わなければ、解らない。小さければ、、見ないのである。

大きいのを見た後であれば、、小さな作品にも細部に魅力が詰まっていることがしっかりとわかる。。。

そして、今までになかった、小品的なものを4点加えた。

ポートフォリオ用のグラデーションフレームだが、ビンテージの小さな紙を使ったので、価格は40000円。今まで最も安くて45000円だったからかなりお買い得だと思うが、、、、この4点、、モチーフが、軽いんだ。。。


09/06朝 個展まで一週間となった。Web も、更新できないし、DMも発送する余裕が無い、作品だけにすべてを集中している。

サイズ変更した追加のプリントは9月1日に終了。

2日からは、マットの仕上げなおしとレタッチを進めている。

展示枚数は基本36点、階段と、細かな予備のの場所を考えて40点を仕上げている。

その中で16X20インチのプリントは27点、小さな11x14インチは15点ある。

レタッチと仕上げ作業であと2日、、、今日からは、16X20インチのプリントの、デュアルエディションの11x14インチも、マット作業に入る。

私の作品を購入する人のほとんどは、細部から興味を持つ。。。

そこが普通の人と違う。

普通の人は写真なんか買わない、、、ましてや私の写真なんか、、、

細部に美を宿す@プリントを知ったのはWynn Bullock からだ・・・ 

明らかに、構成を犠牲にして細部にこだわっている、、、、、、、

しかし、ファミリーオブマンの展示で、あの大きさまで伸ばしたのは誰のアイデアなんだろう、、、大衆に見せる方法、、、、、それもそうだが、、、あれをどうやってあの大きさに伸ばしたんだろう??

彼はなぞが多い。。。


08/23朝 外は霧で真っ白だ。

お盆を過ぎてから、そこそこ涼しくなって、窓を開けても30度くらいで何とかすごせるが、霧は、屋内に入ってくると何もかもべたべたして具合が悪いので窓は閉める。。。日が昇れば霧はなくなるだろうから、、わずかな時間ということでエアコンでしのぐ。。。暗室も冷やしているので、できるだけ節約したいが、、、、、

昨日でプリントは5日。。。

最初の3日間は、恐ろしく疲れて、夕食も作れなかったが、、その後、すこしづつ楽になってきた。。。

ストレスだと思うが、、本当に体が動かなくなり、、、、何度も検温するが熱はないし、、、作業時間を短くして何とか続けていたら、、すっと、、楽になって、昨日はずいぶん進んだ。。。

辛いときは朝起きて、歯を磨くにも、かがめないほど体が動かなかったが、、、ストレスって、、そういうものなのか。。。

そういえば、、撮影の最初の数日も、、死ぬんじゃないかと思うほどぐったりして、車内で気絶してたりするんだが、、、、数日たって撮れ始めると楽になる。

プリントはあと2週間はやりたいが、、、気になっているのは大きなものが1点ある。。。16x20、、、、

それが仕上がらないとレイアウトが決められない。。。。。あれ、どうなんだろう、、大きくするといいのか、悪いのか、、、


08/18朝 御茶ノ水の個展の準備を進めているが、昨日まではレイアウトに従ってプリントのチェック。

大きな問題は無いが、マットからはずされているのがとにかく厄介だ、、

これは、3月にビューイングの依頼があって、古い作品にマットを移植しなければならなかったからで、、、現在、額装して飾ってある作品以外は、マットが無い。。。

それを、ビューイング用に組んである40点のポートフォリオから、マットをはずして移植しなければならない。。。

一度やったことを、元に戻す作業は拷問のようだが、、、やらなければマットの発注枚数が正確に把握できないし、、、

まあ、マットをはずして使いまわすなんて、お金持ちのアマチュアには考えられないことなんだろうけど、、、とにかく、、マットのやりくりを、9月になったら決め込んで、、、発注するボードを最小限にしぼらなければならい。。。

PGIはメンバーシップが無くなり、、、3万円以上の送料無料とかのサービスも無くなり、、、個別の送料が予想がつかず、、予算が組めないのも厄介だ。。

今日からはサイズ変更のあった作品4点のプリント。。。売れる可能性のある絵柄も、追加のエディションを焼く。。。

コロナではないと思うが、、、、朝から鼻水が止まらないので薬を飲む。。。熱は無い。

暗室は寒いな、、、


08/14 午後 昨日復活させたマシンと、バックアップに使ったノートの日にちのわずかなずれが原因で、DLたファイルが喪失するというミスが発生、、、

やっと復旧できたと思うがどうなんだろう、、、、あまりにも努力が報われなくて辛いが、、、4年半ぶりのバウハウスギャラリーの個展まで1ヶ月を切ったが、、本格的な調整は明日からになってしまった。。。

お盆に浮かれている世界に、せかされていると思うと腹が立つが、、、残りわずかな人生だから、うまくやりくりして切り抜けたいんだが、、、、、


08/13 前回の日記を書いた翌日に、御茶ノ水のギャラリーで、秋の個展の打ち合わせの後、中野のギャラリー冬青で、追加の作品の納品と、残った作品や、展示してあったカメラの回収、、、かなりくたびれて35度以上の都内から戻ると、茂原からの道中も35度を越えて、エアコンの壊れた車では熱風を浴びる拷問だった。。。

そして、、、雷と停電で壊れてしまったXPのPC,,,,

翌日に分解して修理を試みたが、、、モニター出力が出ない状態で、すぐにCPUの温度が急上昇、、、マザーボードが破壊されたと考えられる。。。

修理は断念して、、分解して保管してあった初代のXPのジャンクマシンを組み立てて、、今テストしているところ、、、

ボードのボタン電池が放電しているが、コンセントを抜かなければ大丈夫なようなので、、とりあえずSP3までアップグレード、ソフトを入れて。この日記で試している。。。

日記が終わったら、ギャラリー冬青の展示の作品リストを完成させよう、、、、休みが無いな、、、


08/09 先日の雷による停電で、Web  HP更新ようのPCが壊れたようだ、、、、非常用の古いノートを立ち上げて、とりあえず、日記くらいは更新できるようになったが、、、、次の個展の告知もあるのになかなか厳しいな、、、、

もともとXPで組んでいることが奇跡だと思うが、、、他にソフトもないし、雛形づくめのサーバー上のプログラムは性に合わないし、、、、

明日は御茶ノ水と、中野のギャラリーの二箇所に出かける、、、、DM用のプリントの引取りと、追加で販売したプリントの納品。。。このプリントには1枚だけど4日もかかりっきりだった、、、そういう仕事も、このWeb も、、、すべてが時代遅れなんだ、、、


08/01朝 土曜日に中野の個展を終えて、夜のうちに帰宅。。。。一泊して翌日と思っていたが、帰宅後の仕事が多く、一日でも早い方がよいと思って無理をしたが、、、ギャラリーを出るタイミングが悪く、電車に向かって走ることが2度もあり、、、膝の半月板が心配な状態。。。

膝は、夜中に起きて、マッサージなど、、、温泉も効果があると思う、、何とか無事で、、、、、

昨日今日と、締め切りの原稿を頑張っているが、、、昨日は熱中症気味ではかどらず、、、栄養不足もあると思われるので、買物をして食材も追加、昨夜は鶏肉も食べた、、、、、

今日は朝からエアコンの効いた部屋に変更、何とか終わらせて、、、またまた追加のあったエディションのプリントに取り掛かりたい。

中野の個展の開催中は、宿泊や、食事などに経費がかかったので、自宅での生活費はほぼゼロで頑張ってきたが、、、さすがに栄養不足のようだ。。

ギャラリーや宿泊地は冷房が効いていたから,,暑かったのは移動中だけ、、、、こちらに戻ると、35度の部屋で寝るのはさすがにきつくて、、、エアコンをつけてみたら、、何とか動いてくれて、命拾いしたが、、、長くつけていると音が大きくなって危ない。。。

夜寝る時はエアコン、昼間は暑くても扇風機。。。。明日には暗室へ。。。


07/26朝 先週のギャラリー,金曜は来場者が少なく、コロナの影響なのかと、、、気をもんだが、、土曜は、何組も重なって込み合う状態、閉廊時間を延長してもらって説明するなど、、かなり疲れる一日であった。

その日に茂原を経由して御宿に戻る予定であったが、、、あまりにも疲れて、一泊して翌日の昼に帰宅。。。いろいろと経費はかかるが、、ここは使いどころと考えるべきだろう。。。体を壊したらあと一週間が無駄になってしまう。

昨日はゆっくり休もうと思ったが、、、どうしても気分転換がしたて、、勝浦の朝市に出かけて、長い時間歩いたら、、、膝がおかしいし、、エアコンを使わずに35度近い部屋で過ごしているから、熱中症気味で手がしびれるのも気になったり、、、貧乏な年寄りって、やだね、、、

とにかく今月、、、今月を乗り切れば、、お金も少しは楽になるはずだ。。。

作品の説明や、接客も慣れてきた。。。話すと言うより、、相手の立ち居地を聞き出すこと、、、、、距離が縮まら無ければ、説明の切り口も見えてこない。。。。。。

いよいよ最後の週だ。。。


07/22朝 今日はこれからギャラリーへ。明日戻る予定だが、、、

先週からずっと手がけていた3点のプリント、昨日やっとレタッチを終え、今日持参する。

まだサインとエディションを書き込んでないので、ペンも持参。。。意外と荷物が多いな、、、

今日は茂原から、、、


07/19朝 先週のギャラリー在廊日は雨だった。。。来場者は少なかったが、その分ゆっくり接客できたと思う。。。そんな日もあるさ。

先週は金、土曜、2日間をギャラリーで過ごした。。。販売は少しづつではあるが進んでいる、、、先週も、今週も、、自宅での時間は、追加で販売するエディションのプリント作業、、、、いつもなら、売るための作品であるから、、追加のエディションは仕上げてあるが、、、、今回の作品、、、沢山仕上てあっても、、それぞれのプリントは、色調や雰囲気が異なっており、、、その中から一点を選んで展示している。

その為、完成形といわれる作品は、、、、展示直前に、全体の流れも含めて撰んでおり、、、同じ物は無い。。。。。。その為、2点目が売れた作品は、、、まったく同じ物は出来ないと了解をとっているが、、、出来るだけ同じように仕上げなければならない。。。。。それをプリントしている。

トナーの処理もあるから、、、一点に数日かかる。。。まあ、それが、今回の作品のセールスポイントであり、、、見所でもある。。。

何か息抜きがしたいと思うが、、、お金もないし、、、、、僅かな楽しみは食事。。。差し入れにいただいた食材を、頑張って調理して、、、機械のメンテナンスのように、ゆっくりと味わって食べる。。。

...............................................

写真を始めた頃、、、大学に進んで、、それを学んでいても、、、いわゆる親族や家族に理解者は無く、、、まったく興味を持ってもらえず、見てもくれない、、、、、「お前が芸術だといったって、、、、みんなに理解できない物じゃあ仕方が無いだろう、、、」、、、と、言う言葉であしらわれる毎日、、、

そんな環境で生きてきたから、、、写真そのものが今でも後ろめたくて、、、遊んでいるわけではないんだが、、、、どこまでも欠点を探して、、、、仕事そのものに、区切りや終わりを感じられない、、、、、やり続けてないと、、、生きてきた道筋が全て無駄になるような、、、、、

誰にでもわかる芸術なんて、無いんだけど、、、

1000人の心に届く物より、、求める誰か一人のところに届くもの、、、

作品を売るってのは、、そういうことなんだと、、幸福な夢を見る、、、


07/12朝 先週、金曜日にギャラリーに出かけて、土曜日まで接客。。。日曜日は日本橋で取材、、、夕方に自宅に戻った。

車は茂原駅の駐車場へ、、、一宮駅に止める予定であったが、駐車場が一杯で仕方なく茂原まで移動、茂原もぎりぎりだったが、停められて良かった。

展示の2週目が終わって、お客さんの反応も少しはわかるようになってきた、、、今回の作品、、、、、、どれか一点にしようと思うと、、かなり迷う。。。。。。ゆっくり見て撰びたいと思う要素がとても強い。。。ゆっくり、静かに、伝わってくる作品なんだな。。。

そう言えば、、撮影地も房総半島や関東近辺であるから、、、購入後、、、、、部屋に飾って、、長い時間が過ぎた頃、、、、、ふと、その場所を探しに行ってみる、、そんな記憶をたどるような、、、付き合い方があったり、、、

幻想的な作品、、、たとえば、そういう絵画と、、何が違うのか、、、そんなことをずっと自分に問い続けていたけれど、、、、、、そこに、、まだ、あるかもしれない、、、、この欠片を拾った場所のこと、、、

そことつながる不思議な魅力、、、、

...........................................

今までの作品も、もちろん、被写体に依存しているけど、、、明らかに違う。。。。

今までは、、撮影の時に一粒の種子、、授かった種を受胎して、自分の母体で育てて、、、、長い時間を掛けて仕上ているような、、、自分の力に依存する部分が多かった気がする。。。。

...........................................................

今回のピンホール作品は違う。。。海辺で拾った欠片が、そのまま小瓶に詰められているような、身近な感じ、、、、壁に飾ると、自分が作った物のような、親近感があったり、、、、、?????

共感するだけで、、その世界を共有できる親しみ安さ、、、それって、、ピンホールの魅力なんだろうか、、、、、

金曜日に、、、、改めて、ギャラリーで作品に出会うのが楽しみになってきた。。。。。


07/08朝 今日からギャラリーへ。。。明日までは接客で在廊して日曜は、演奏家と藝大生の対談の取材がある、、、

うまく仕事がつながると、経済的に助かる。。。体力的にも。

しかし、今日は全ての機材を持って中野から歩いてギャラリーなので、そこで、身体を痛めないように気をつけよう、、、そして、その後の移動も、バスかタクシーにして、、3日間をのりきるためには、無理は禁物だ。。。

......................................................

ギャラリーでの接客、、、、聞き出したい感覚もいあるし、、、話したいこともある。。。

一まとめに写真展と言う解釈ではなく、、、美術のジャンルとしての特徴や位置づけ、、、、、

今回の作品、、、版画や、、日本画と、単純に比較すると、あまりにも稚拙、、、、、ここが今までの作品と違う。。。

.........................

自分を惹きつけてきた物は何だろう???


07/05朝 6月30日の設営と、オープン2日間のギャラリー接客。記録的な猛暑なのに、人は途絶えることが無かった。。。

普段、まったく人と話さない日常とは異次元で、かなり疲れたのか、戻ってからも夜は眠れず、、、まあ、昼間はほとんど寝てすごしたけど、、、、

接客の対話だが、、、ほとんどは、特殊なカメラと乳剤、ケミカルのプロセスなど。。。。。

逆に??あるいは不思議に?、今のところの購入者は、、あまり技法のことは聞いてこなくて、、、それが嬉しかった。。。逆に言えば、、、、道具とやり方に興味のある人は、作品には興味が無いって事??

.............................................

今回の個展、今までの作品と何が違うのか????これは自分にとってであるが、、、

このピンホールと言う技法、、、何が利点なのかが説明できない。。。

いわゆるピンホール作家と言う人は、、、ピンホールの何がすごいのか、、、、どんな表現が出来るのか、、何に感動して始めたかとか、、そんな説明が作品よりも先に、言葉でやって来る、、、わかり易くていいんだが、、、ピンホールだと説明が無ければ、作品そのものの評価はなかなか難しい。。。

..................................................................

自分で、説明できないまま、、、どこまでも、、何かがあるような気がして、、、、追い詰めてきた結果が今回の作品である。。。

うまく説明できないんだ、、、なぜ、ピンホールなのかも、、、

まあ、、、、説明できればいいって物でもないし。。。。。

そのこたえ、、、なぜ、自分が執着したのかを、、、今回の個展、ギャラリーで、見つけたいのか、、、



2022年06月
mail home