2020年04月 
2019年09月
2019年11月 2019年05月
作者近況

05/20朝 数年前に購入したA.アダムスのプリントで、どこかに紛れ込んで、どうしても見つからないものが一点、、、、2013年に購入したDogwood.....購入後はずっと自宅にに飾ってあったが、2016年頃、その額が必要になって、取り出してどこかに仕舞って、、、それ以来、どこを探しても出てこない。

日曜から、この捜索に全力を尽くして、3日目の昨日やっと発見した。

何故まぎれてしまったのか、今まで何度も探したのになぜ見つからなかったのかと、、、不思議な部分は多いが、、、結果として2000年の展示作品の大きなサイズの中に、、、、、これは、ボックスではなく、紙に包まれて封印されていたが、、、一枚ずつ、マットをはがして確認している時に、突然現れて驚いた。。。

今まで一日がかりの捜索を何度も繰り返していたから、、、、梱包剤にまぎれて捨ててしまったのではないかとか、他の作品の額の裏に入った状態で販売してしまったのではないかとか、、、いろいろな憶測もあったが、、、、、、

必ずどこかに、、、そう信じて、30個ほどのボックス全て、保管してある全ての額、、、、シッピンケースや印画紙の袋など、、、エリアを区分けしながら、、、全てのプリントをチェックして,,見落としが無いように,,,それでも2日目に全部見たのに見つらず、、、あきらめきれずに同じ場所を探した3日目の朝、、、突然現れた時は、購入した時よりも感動した。

昨日は再開を喜び、ダブルマットに仕上げて16x20インチの額に入れて、壁に飾って、、、、、切らしていたウィスキーを買いに出かけて、、、、、これからまたゆっくり楽しめると思うと、、、、ああ、見つかってよかった。


05/14朝 先日のドライマウントは疲れた。作業スペースが狭くなってから、何度か同じことをやっていると思うのだが、手順がわからず、準備に時間がかかり、、、何をどこに移動してスペースを作ったとか、、、そういうことなんだが、狭い部屋から椅子を運び出したり、ウェイトを何度も移動したり、、、

引きこもりの生活で体力がなくなっているのも要因だろう、、、

それでも通常の作品は問題なく仕上がったが、、、テストとして、調色を施したものは、ゼラチンが溶けた、、、予想はしていたが、、、、、たとえば指で触っても、痕が付くような弱った表面であるから、、、それは、、、つまり、そういうことなのだろう。。。

小さなプリントだと、うまく行くのだが、、、蒸気や熱の逃げ場と言うか、、、ドライマウントに関して言えば、、、チップでのテストはあまり当てにならないな、、、

昨年の新作、大きく伸ばしたものが少なくて、ちゃんと仕上がったものが数点しかないから、、マウントを先延ばしにしていたのだが、これをしなければ、作品が、どのサイズに最適化されているのかが判らない。。。2つのサイズを額に入れて見比べる、、、そして、、ああ、こっちが好みだ、、、というような自分の結論が欲しかった。。。

そして、昨日はフレームワーク、、、額に入れたら壁にかけてみる、、、というようなことで、、力仕事が続いた。

....................................

週に一度の買物でも、食材は減るのが遅く、、、先週買った野菜なんか、ほとんど残っている。。。今日は木曜日で買物の日。。。

昨夜、少しでも消費を、そう思って、古い野菜を天麩羅にした。揚げ物は沢山食べられないから、、結局は残って増える一方なんだが、、、


05/12朝 気を抜くと日記の更新が途絶えがちだ、、、全てのフィルムのスキャニングを終え、プリントシュミレーションに作業は移っている。。。

この作業で始めてプリントの仕上がりが見える、、、完全なものではないが、少しづつスキルを上げ、、、データを仕上げる力、、、プリントを仕上げる力、、、相互に良い影響で、、仕上げられるネガの範囲は広がった。。。。。

もちろん、データからのシュミレーションどおりに、仕上げられないネガもある。。。それを何とか克服しようと、、部分的にトーンをコントロールするトーニングに手を出して、、、昨年はずいぶん浪費した。。。。。

しかし、、浪費だけでなく、、、収穫もある。。。より難易度の高い、スプレットトーンが試せれば進化すると思われるが、、、これは経費の壁で、、、手が出ない。。。

今日は、販売用の作品をドライマウントする、、、、、売れたわけではない。。。仕上げなければ売れないではないか、、、と言う、気持ちの切り替えし。

........................................................................

まったく収入が無いので、少しでもと思い、、、暗室の使用しないバットをーオークションで処分した。。。

5年前に、16x20から、20x24インチへのサイズアップを考えて大きなバットを用意した。。。これを売った。5枚で5000円ではあるが、、、、嬉しいような、、悲しいような、、、

20インチの壁。。。。個人のプリントにおいてこの壁は高い。

引き延ばしレンズの倍率や解像度はまったく問題ないが、ケミカルとフィニッシュが、大きく異なっている。

手始めにバットを入手した時は、、、いつかは、、、そう思っていたが、、、じぶんの体力を考えると、もう無理だろう、、、

もし、自分に仕上げられたら、、、今までに見た、国内のどんな作品よりも、情報量、密度、完成度の高いものができる自信があったが、、、求めるものはそこではないから、、、

その、バットであるが、、、作業台との大きさのバランスで、コンパクトなものでなければならず、日本製の丈夫なものが欲しかった。。。ブランドは、中学の時に始めて買ったバットと同じ、トオバット、、、、でこれを4枚そろえた。

さらに水洗要に厚みがあるキングのものを2枚、、、輸入のものは材質の関係で欠けたり、ヒビが入ったり、良いものにめぐり合えない、、、、(安物を買うからだとバカにされるが、、、)

苦労して手に入れたものだが、、、使わずに、、、たいしたお金にはならないのに、、、そう思うと、少し切なかった。

昨日はその梱包と発送で疲れた。


2020年04月 mail home