2019年03月 
2019年09月
2019年11月 2019年05月
作者近況

12/31 撮影旅行に旅立って以来、初めてXPのパソコンを起動。日記の更新を試みている。

旅行中の車内は氷点下で、暖房のためにエンジンをかけるというようなことは経済的に、、あるいは環境のためにもできないので(これは詭弁)だが、、、年内に一度は更新を、そう思っていたので、要領の大きなインバーターを起動して、古いパソコンを起動することに、、、

以前日記を書いた22日、、都内での一日は快適だったが、自宅に戻るときに豪雨に見舞われて、季節柄、高熱の風邪をひき、、、すさまじく体調が悪いままの旅立ちとなった。

その後体調はいくらか回復し、、、車両も含めて不安材料だらけの旅ではあるが、日にちを重ねている。

24日午後乗船。

25日午後苫小牧到着、室蘭泊。

26日恵山泊

27日松前泊

28日岩内泊

29日余市泊

30日羽幌泊

31日、本日は一気に移動して稚内を廻って雄武にいる。

ガソリンが150円近いのでまったくエンジンがかけられない。車内用のサブバッテリーも10年目を迎えて限界ではあるが、電圧をチェックしつつとりあえずここまで、、

撮ってこそ、、、撮らねばならない。


12/22朝 撮影旅行の準備と仕事を両方こなしているので忙しくとても疲れる。昨日は夜中までホルダーの掃除、今日は早く起きて三脚の修理をした。そしてこれから朝の高速バスで銀座へ出かける。

来年のシークレット展の作品を届けるのだが、去年は売れなかったから、今年は無いのかな、、、とあ、あきらめていたら声がかかって嬉しい。悩んで決めた作品だが、、、売れるかな、、、

今日は一日都内で過ごして、、、明日には出たいが、、、それ以降はフェリーが満席で、、キャンセル待ちをしたとしても、料金がとても高くなる。


12/18朝 撮影旅行の準備を少しづつ。。。昨日は暖かかったので車両関連のチェックも済ませた。ワイパーを冬用にして、インバーター周りの点検と、調理器具や調味料のアップデート。。。。持っていく食材は出発直前に用意する。

昨年の大きな失敗は、、、、初日のフェリーで食費を使うことが無いように、3食分の弁当を用意したが(電子レンジで暖めるように焼きソバだった)、いざフェリーに乗る時に、荷物を探しても見つからない、、、、確かに持って出た、、、そう思いながら、乗船手続きの後、いろいろな荷物をトランクから降ろして仔細にチェックして,、結局弁当は見つからず、、家を出るときの、駐車場で落としたのかと、、、あきらめた。。。。。

その不幸話には、さらに続きがあり、、、、荷物や衣類を車内から下ろして弁当を探すうちに、、、受け取ったばかりのカードの乗船券が、ダッシュボードの隙間に消えていってしまった、、、衣服を動かした時の風圧がによるものだと思うが、、、、、、、テレカのような薄い乗船チケット、、、手続きをして受け取ったばかりであるから、窓口に行けば再発行してくれるだろうと、、ターミナルの窓口に走ったが、、、、

受付のお姉さんが、、、あれは金券と同じものですからもう一度購入してくださいと冷たく拒否。。

懇願して「そこを何とか、、、」と頼み続けて、、、、上司に頼み込んでくれることになり、、、、長い沈黙の後(本当に長かった、、、)奥の扉が開いて、、、特別に、、と言うことで再発行してくれた。。。。。。。「パニックは新たな事故を生む」と言う教訓を学んだ旅のスタートであった。

一ヵ月後、自宅に帰宅した時に、玄関にはカビの生えた焼きソバが3食分、、、、

...............................................

一ヶ月以上の旅ではあるが、ガソリン代に多大な経費がかかるので、生活費は数回の温泉利用料も含めて10000円しかない、、、

不慮の出費で苦労することが無いように、準備はしているが、、、、靴がだめになったり、防水スプレーが必要だとか、、、まあ、絶対に不慮の出費はある。。。

それでも出来るだけ準備して、、、調味料は現地で買うと高いし、家にあるものを2重に買うのはバカらしいから、小瓶に詰めたり袋に入れたり、、登山のパッキングのようで、楽しい作業でもある。。。。

1日2百円の食費と言うのは、なかなか辛いが、、、昼を食パンにマヨネーズ、あるいは食パンに焼きソバなど、夕食の残りを工夫して自家製のランチパックを袋に入れて持ち歩く、、、、、、撮影の収穫の浮き沈みで、酒を買って、計画が台無しになるのがいつものパターンではあるが。。。

............................................

今日は先日複写したデータから、今年の作品のアルバムを製作する予定。


12/16朝 昨日からプリントのの複写に取り掛かっている、昨日は19年の新作、今日は2018年の作品を、、、

ほぼ一年中作業を続けた今年の作品だが、、、そろそろ時間切れで区切りをつけた、、、これを複写してデータ化する。。。

実は昨年、2018年の作品もスタジオでの複写はまだ出来てない、、、、簡易的に自然光の窓辺でプリントを撮影して、Web 用に間に合わせてきた。。。。さらに、個展で販売済みの、2017年の作品も、数点はデータが漏れているような気がする、、、このあたりは今日調べるが、あまりに沢山漏れがあると作業は来年に繰り越すかもしれない。

作品の複写なんか適当でも良いではないか、、、と言う部分もあるが、、、これをネガのスキャニングから仕上げたデジタルデータと比較検証したい。。。デジタルネガを作るにしても、、ネガのスキャンデータでは思いつかなかった、空気感のようなものが、プリントのデータから見えることもある。。。

そして、、複写であるが、、、以前はスタジオで、、、今回はリビングの普通の部屋であるから、、、反射を抑えるためブラックのウールパーパーを使う、、、ライトはブラックラップのスヌートを使ったスポット。バライタの反射を見ながら一枚ずつ調整するから、、複写といっても、、普通に物撮り。

今回はデジタルビューを使用してシングルショットではあるが、ロダゴンの105mmを使用している。以前は普通にマクロレンズ。。。今年の新作は黒っぽいプリントが少ないから、暗部の色がかりについては未確認だが、、、、スタジオ同様の仕事が出来ていると思う。

......................................

大学の助手をしていた頃、先輩のスタッフがたいそう丁寧に、プリントのコレクションを複写していたが、、、光を均等に、、、なんて事を自慢げに話しながら、シロホリのスタジオで傘バンのライトを当てていたりするから、、、、、見ていても美しくない、、、、、

そのフィルムを現像するのが私の仕事ではあったが、、、当時の印刷物に使用するならそれでも十分。RCで焼いて製版にまわした思い出がある。B.ウェストンが台無しではあるが、、、、それでも美しかったのは画面の構成力のすごさかな、、、

先日、W.バロックの森の幼女を8x10で複写した話を聞いた。最終プリントをコンタクトで、、、と言う複製の為ではあるが、、、あのプリントのクオリティを8X10で出すのは難しいだろうと思った。。。等倍の接写なら600mmのレンズで蛇腹は1200mm。プリントまでの距離も1200mm。

この距離でフェロのかかっていないバライタにライトを当ててを複写すれば、黒のどこかに表現しきれない部分が残る。ブラックスタジオであっても、何らかの反射がカメラにも当たるわけで、、、、

最終プリントをコンタクトで、、、と言う考えが、、、都市伝説のような、、、微妙なポーズで、、、

助手なんかやってたら、そんな意味の無い仕事を今でもやらされているのかも、、、、


12/13朝 昨日は千倉へ。その前の日は大原、その前は2日続けて大多喜へ。。。

改良を重ねたデジタルビューのボディを持ち出してテストを繰り返している。操作に問題を感じる部分を、少しづつ改良、、何より、自分のスキルとして慣れることが必要だろう。

まどろっこしい操作が、少しづつ慣れてきて、ふつうの4x5並にに扱えなければ持っていく意味が無い、、、、これを北海道に持ち出すことは5年越しの悲願であるから、、、、、、、

2台のカメラを持って撮影に、、、、というのは、、もう10年以上前にやめてしまったが、、、それまでは、強風やクローズアップ対策でブローニーも用意してあった。。。しかし、、結局使い分けるのは難しく、、、時間を無駄にするとの判断で4X51台に絞ってきた。

2種類のカメラを使うこと、、、これが、、、全てをだめにしないように、、、そう思って練習しているが、、、、仕上げがデジタルネガの縮小プリントと言うのも、、、先の見えないスタート、、、、、、、

まずは、、撮ることだと考えている。。。写れば、、、自分の思いが写ら無ければ始まらない。。。4x5、そしてフィルムでは、写し切れない物があることは、、、誰よりも知っていると思う。。。それを、克服したい。

...........................................................

このカメラ、5年越しであるから、、、かなり改良されて自分に適したものになりつつある、、、

最初はスタジオ専用であったから、まずは軽量化、、、これが最大の課題で、、通常のホースマンのL45からスタートして、LD、今年の初めには軽量のトヨビュー,そしてホースマンのリアフレームのみを使用する軽量モデルを仕上げたのが今年の春。。。これを改良して、持ち出せるようになった。

スターと当時はRAWデータに対応するソフトが無かったが、今ではPSもほとんどの操作がRAWデータで扱える。

肝心のデジタルボディが7Rなので、先幕シャッターのショックに苦労させられるが、、、、それを除けば、新しいボディが必要だとは思わない。。。

このボディをフィールドに持ち出すようになって、、センサーの弱点や、優れた部分が次々にわかってきた。スタジオでは気付かなかった、植物や、空の色の、再現力、、、、まずはそれらを十分に発揮させること。。。。。。。。。。。センサーもフィルムも、、、、知り尽くしてこそ、自分のものになる。

この一台で、スキャニングから、レンズの収差のテスト、、はたまた、引き延ばし機の調整にまでいろいろと使い込んで、、、やっとなじんだこれからは、フィールドへ、、、、、、新たに学ぶことがたくさんありそうだ。。。壊れないで欲しい、、、

......................................

細かな出費にも苦しめられている。今週は何枚もフィルターを注文した。。。特定の速度でシャッターのショックを拾うので、NDフィルターで回避するが、これが結構枚数がいる。。。現代のガラスフィルターの制度には驚くが、、、安価ではない。。。

昨日はL39のライカ用の延長チューブを注文した。。。細かなところではレンズキャップ、、、そんなものもバカにならず、、、日ごろの節約がぶっ飛んで、、、

印画紙やフィルムならなんとも思わないんだが、、、、、カメラって機械だから、、、身体や知恵でで何とかカバーできないかと、、、ケチ臭いことを考えてだめだな、、、

いまや、7Rは3でも安く買えるし、、、R4ってのもあるらしいが、、、まったく手が出ない。

初代7Rには、優れた点が一つある。僻みだけではなくただ一つ、、、、、ボディグリップの突起、、、全面への張り出し量が少ない。。。これがデジタルビューを製作するときに都合がよい。。。わずか数ミリであるが、、、ミラーレスを購入するきっかけは、この部分。マウントのフランジだけでなく、、、、、前面への張り出し量。

そんなことって、、考える人には会ったことが無いけど、、、作るとなるとここが重要。


12/08朝 やっと晴れて暖かい朝。昨日は寒かった、、、

金曜は都内で3箇所を回って深夜に帰宅。銀座の取材も体力のいる仕事だったが、、、、西麻布のギャラリーの坂道もきつかった。。。その前日も、近場の海岸を歩き回ってカメラのテスト。。。昨日はデスクワークだが、足の疲れが引かず、、風呂も行かずに早く寝た。。。

風呂に入れば疲れが取れるのだが、、、寒さが厳しいと部屋を出るのも億劫になる。。。

デジタルビューカメラは、海辺でクローズアップのテストだったが、、、夕日がきれいだったので、広角のテストも行った。。。マミヤの二眼レフ用の55mmを6x9まで広く使って、8枚のステッチ露光。。。。使えなくは無いが、慣れがいるし、、、被写体を撰ぶ。。。

フォトショップのバージョンは2015で、、Raw データでそこそこつないでくれるが、8枚となると、今ひとつ不安定で、、、、、いずれは新しいバージョンでも試してみよう。

カメラは最終調整。。。スクリーンのマスクに問題があり、、、トリミングした周辺も見えるようにプラスチックで作り直した、、、小さな画面では構図が決めづらく、カバーに、ルーペをつけるのも課題。これって春先にも同じ事を思ったのに忘れていた、、、、100均で探す、、、

先日購入したNDフィルターは、予想よりも精度が高く、、、十分使える。。。3000円ほどであるから、、、広角用も購入するべきだろう、、出費は辛いが、買わなければだめだ、、、デジタルは小さくて助かるな、、、広角は少しだけ大きくなるが、それでも46mmだ。

..........................................

先月、少しだけ入金があり、、、ひさしぶりにCDを買った。。。。。2000年に発売されたバッハ全集の器楽曲、、、、、、全集12巻(CD153枚)のうち、そろわない部分が4パートほどあって、、、器楽曲とコンチェルトをずっと探していたが、、、オークションに出るのは声楽ばかりで、、、それらと、鍵盤は中古を購入してすでに持っている。

この全集、、ワーナー版で、、、学生時代に購入したエラートの音源など、好みのものが多く、、、外しが無い。。。コンプリートは2000年の発売当時10万円弱、、、その後何度か限定セットで発売されたらしいが、、、バラで中古が出るというのは珍しい。。。。それでも集めて、、かなりそろったが、、、コンチェルトや、弦のソロがそろわない。

ずっと探していたが、、、安いコンプリートを見つけた。。。最初は2万円、、、その後値下げされて、、、15000円弱で、、、ついに買ってしまった。

購入後、調べてみると、、、毎年のように限定版が発売されて価格はぐっと安くなり、、、2万円を切る価格でフルセットが売られているのも見つけたから、、、特別お買い得と言うわけでもなかったようだが、、、、

バッハ全集が新品で2万円そこそこ、、、しかも、音源、音質ともに何の問題も感じない、、、この盤は古楽よりの演奏が多く、、、逆に、現代では人気があると思うのだが、、、153枚のCDだから、一枚100円そこそこ、、、それって、、どうなんだろう。。

安いのは嬉しいが、、、、、音楽の値段として、、、寂しさも感じる。

確かに、、次から次に新しいものは作られる。。。。古いものは定番であっても売れなければ意味が無い、、、クラシックのCDの存在とはそういうものなのだろうか、、、いろいろと考えさせられる、、、そういう時期が来ているのを知った。。。著作権云々ではなく、音楽の値段。。。常に比較される演奏家の世界。

CDは、演奏の図録やカタログのサンプルのようなもので、、、音が良かろうが、悪かろうが、、、所詮CD。オリジナルではないから、、、音楽ではないのかもしれない。

オリジナルのある世界、、、美術も音楽も、、、作家の死後に残るもの、、、それは何だろう、、??


12/04朝 朝日の差し込む暗室で、、妙に床のホコリが気になって、朝一で掃除機をかけた。

先日、仕上げの部屋の壁にベニヤを貼った時に、工具の出し入れや、廃材の保管に、大きな物を運んだのが原因なのだろうか、、、、朝から掃除だと、腰を痛めることがあるから、、、よくないとは思ったが、、、無事だったから、、まあいいか、、、

2日は銚子へ。。。これは、古い知り合いが紹介してくれた仕事で、、、地元の千葉であれば、都合がよいからと、、、、ありがたい話であるし、、、銚子の海が身近になって、いつも早めに出かけて海岸を散策しているが、、、2日は大荒れの天気で、それがまた、東北の、それも日本海のようで、いっそう魅力的に見えた。。。。古いホテルの外壁に錆びが浮いているとか、、、入り組んだ細い道とか、、、車の荷台に猫がいたり、、、

銚子までは車で2時間、、ちょっと遠いが、、千葉県は広いから、、、たとえば、、館山に行くにも1時間半はかかる。。。2時間なら、、遠いと思ってはいけないが、、海の見えない単調な道、、、それが苦痛。

冬の撮影旅行は、クリスマス頃になりそうだが、、、それまでにやらなければならないことが沢山ある、、、、、

自分にとって、、写真の難しさは、構図の絵作りに始まり、、諧調のコントロール、仕上がりのゼラチンとのマッチングと、進んでいくが、、、、、、、

よく言われる、、カメラの性能が良くjなって、写真がうまくなったと思い込んでいる人がいるという話、、、それは見る人間のレベルの問題で、、、絵作りの構図が洗練されているかが、、、判るか、判らないか、、、、、わずかな違いに、その人の感性は現れるものだ。

.........................................

今年の撮影旅行には、デジタルのカメラも持参する予定で準備を進めている。。。ビューカメラであれば、、、ラージフォーマットである利点は少なく、センサーの小さなデジタルは、クローズアップで威力を発揮する。。。

しかし、、、カメラがぼろい。。。解像度は諦めがつくが、、、シャッターのショックで数ピクセルの縦ブレに悩まされている。1/2秒から1/60秒くらい、、、このあたりが激しくブレてピクセルが立ち上がらない、、、昔のカメラには電子シャッターが装備されていない、、、

今まで使っていたシートのNDフィルターはフレアが多くて逆効果で、、、マルチコートのガラスを購入して、昨日受け取った、、、どのくらいロスがあるのだろうか、、、、天気が良いので今日テストするか、、、

蛇腹の継ぎ目も補修しなければならないし、、、



2019年11月 mail home